戻る

よくある質問

QLINKDriveコネクタが対応してる車種・年式は?
A利用可能な車種は、LINKDriveコネクタを挿すとコネクタのLEDが青く点灯します。
2008年10月以降に製造された車種(一部を除く)に対応しています。
リンクドライブは、OBD2の国際規格に沿って開発・サービスを提供しています。
※国土交通省は「車載式故障診断装置を活用した点検整備に係る情報の取扱指針」で日本における対応(J-OBD II)を示しています。この指針では、以下表のように装置の設置を義務づけています。
※最新の対応状況、情報については当該取扱指針を確認ください。
※海外で製造された車(輸入車)に関しては、2002年ごろからOBD2、標準CAN通信に対応しています。
※上記条件に合致していても、利用できない場合があります。
燃料
ガソリン・
液化石油ガス(LPG)
車両
普通自動車
小型自動車(二輪自動車除く)
条件
乗用
乗員10人以下又は、車両総重量3.5トン以下
適用時期
2008年10月1日以降に国内で製作された新型車
(型式指定自動車、及び、一酸化炭素等発散防止装置指定自動車)
2010年9月1日以降に製作された上記新型車以外の継続生産車
(2008年9月30日以前に型式認定を行い製作されているもの)や、輸入車など
除外条件
一型式あたりの販売台数が
2000台/年以下の自動車又は、国土交通省が不要と認めたもの
参考資料(国土交通省サイトより)
車載式故障診断装置を活用した点検整備に係る情報の取扱指針
車載式故障診断装置を活用した点検整備に係る情報の取扱指針(平成23年3月2日 国土交通省告示第196号)
「道路運送車両の保安基準」、「道路運送車両の保安基準の細目を定める告示」等の一部改正について
Qコネクターが故障した場合、交換や修理はできますか?
Aご購入後2週間以内にスマートフォンアプリからコネクター登録を行っていただくと1年間メーカー保証が有効となります。
適切な使用環境および使用方法で発生した故障に限り、無償で修理または交換いたします。
Qコネクターを複数のクルマで使いまわすことはできますか?
A1台のスマートフォンに対して、1つのコネクターをご利用いただく必要がありますので、複数のクルマで使いまわすことはできません。
Qコネクターは車にさしたままで大丈夫ですか?
A1週間以上ドライブをしない場合は、外してください。
Qアプリ内で課金されることはありますか?
Aアプリ内での課金はありません。アプリ内のサービスは、すべて無料でご利用いただけます。
※今後、有料サービスの展開も検討しております。
Qどんなクルマでも使えますか?
A2008年以降の一般、小型、軽自動車であれば、国産・輸入車問わず、様々なメーカーでご利用いただけます。(一部ご利用になれない車種もございます)
※トラック、電気自動車はご利用になれません。
Qコネクターがクルマに影響を及ぼすことはありませんか?
Aありません。コネクターはクルマの走行状況を読み取るだけなので、クルマに負担をかけるようなことは行いません。
QLINKDriveアプリはどのように使うのですか?
Aアプリとコネクターをペアリングすれば、エンジンをスタートするだけでデータの収集や解析を省エネルギーで行います(Bluetoothは、常にONにしていただく必要がございます)。
Qアプリが自動的に起動しないケースはありますか?
A

はい、スマートフォンやコネクターの状態によって起動しないケースがあります。

<スマートフォン起因の場合>
【iOS】
以下の操作を行った場合は、一度アプリを起動していただく必要がございます。

  • ・スマートフォンの再起動を行った場合
  • ・GPS機能を一度OFFにした場合
    ※アプリ起動前に、先にGPSをONにしてください。

運転中にアプリを終了した場合は、データの取得ができませんのでご注意ください。

【Android】
Androidの場合、タスクキラーアプリなどでサービスを停止された際には、一度アプリを起動していただく必要がございます。
また、アプリからログアウトされた場合は、ログインするまで起動しません。

<コネクター起因>

コネクターがスリープモードとなっている場合、スマートフォンとの通信が切断されます。
この場合、コネクターとの通信が確立するまでアプリは起動しません。

<スリープモードとなるケース>

  • ・エンジンを切ってから5分経過した場合
  • ・車にキーを差し込んで、エンジンをかける手前(ONの位置)の状態で5分経過した場合
  • ・ハイブリット車で、モーター稼動に切り替わってから5分経過した場合
  • ・アイドリングストップ車で、アイドリングストップの状態で5分経過した場合

Q走行中にアプリを操作しなければならないケースはありますか?
Aいいえ、ありません。解析結果は、ドライブ終了後にアプリに反映されます(ドライブ終了後、約10分~15分後に反映されます)。
Q通信費はかかりますか?
ALINKDriveは、スマートフォンのパケットを一部利用させていただきます。※新たにSIM契約などは必要ありません。
QLINKDriveアプリは何をしてくれますか?
Aバッテリーなどの消耗状態を自動的に解析し、クルマに不調があった場合は、ご利用のスマートフォンへ自動的にお知らせします(アプリ上での設定が必要になりますので、詳しくはご利用ガイドをご参照ください)。
Qマイショップとは何ですか?
A事前にマイショップを登録しておくことで、自動計算だけでなく人によるチェックが可能となります。
登録できるショップは、自動車の整備会社となりますので整備士がクルマのコンディションを確認いたします。また、整備会社による遠隔地からの診断もできます。
Q機種変更した場合はどうしたらいいですか?
A機種変更後の端末で、アプリインストールしてログインしてください。ただし、1度コネクターの解除を行った後、再登録を行ってください。
Q運転中にコネクターとアプリの通信が途切れることはありますか?
A

はい、以下のようなケースがあります。

・Bluetooth接続を故意に切断した場合
・他のワイヤレス機器による干渉の影響を受けて、Bluetooth接続が切断されてしまった場合
・運転中にコネクターがスリープモードとなった場合

※運転中にスリープモードとなるケース
・ハイブリット車で、モーター稼動に切り替わってから5分経過した場合
・アイドリングストップ車で、アイドリングストップの状態で5分経過した場合

QLINKDriveアプリの対応OSを教えてください。
A

LINKDriveアプリは、以下の環境にてご利用いただけます。

iOS端末の場合:iOS9,10,11
※iPhoneXへの対応は、現在準備中です。

Android端末の場合:Android5,6,7,8

戻る