さぁ、あなたのカーライフを
もっと便利で快適に。特許
出願中

LINKDriveは、クルマのあらゆる情報を車載コネクタを通して
クラウド上に蓄積し、自動解析したクルマのコンディションを
スマホアプリで見える化するサービスです。

サービス説明動画を見る

お問い合わせはこちら

LINKDriveのご利用や購入に関するお問い合わせについて専門スタッフがお答えします。

2017年12月6日
お知らせ
iPhoneXへの対応は、現在準備中です。対応OSは、こちらをご確認ください。

LINKDriveとは?

クルマとスマホをつなげて、安全で快適なドライブをサポート

LINKDriveは、クルマのあらゆる情報を車載コネクタを通してクラウド上に蓄積し、
自動解析したクルマのコンディションをスマホアプリで見える化するサービスです。

LINKDriveでできること

  1. マイカー画面
  2. オイルの汚れを確認
  3. バッテリーの劣化を確認
  4. タイヤの消耗状態を確認
  5. スキン変更
  6. ドライブ画面
  7. タイムライン
  8. 燃費グラフ
  9. カーストレスチェック
  10. 遠隔診断

01マイカー画面

直近のドライブの診断結果や、オイルの汚れ、バッテリーの劣化、タイヤの磨耗等の状態も確認できます。その他にも、任意の項目を10個まで管理できます。

02オイルの汚れを確認

予めオイルを交換した日を設定しておくことで、次回のオイル交換日、や、オイルの状態を確認できます。

03バッテリーの劣化を確認

バッテリー電圧や、交換までの目安を確認できます。

04タイヤの消耗状態を確認

予めタイヤの溝の高さを設定しておくことで、タイヤ1本の磨耗状態や、交換までの目安を確認できます。

05スキン変更

アプリのインターフェースは、好みや気分に合わせてポピーレッドとシアンブルーのいずれかを選択できます。

06ドライブ画面

クルマの走行距離、平均燃費、走行時間等の情報を月ごとにサマリーで確認することができます。

07タイムライン

1日に走行したドライブ履歴(走行距離・平均燃費等)をサマリーで確認することができます。

08燃費グラフ

クルマの燃費状況をグラフで確認できます。

09カーストレスチェック

クルマの急発進回数、急ブレーキ回数、夜間走行回数等をもとに、カーストレスの評価結果を確認できます。

10遠隔診断

整備会社への遠隔診断の予約や、遠隔診断を行った際のレポートを確認できます。

LINKDriveコネクター

対応車種

LINKDriveコネクターは、下記の車種に対応しています。

車種を選択してください

  • 2008年以降に発売された車種に対応しています。
  • OBDにコネクターを装着した際、車の状態によって運転席やNaviなどのモニターにエラーメッセージを表示する車種がございます。
    その場合、LINKDriveはご利用できませんので、弊社サポート窓口までお問合せください。
  • 動作環境:温度-20~60℃、湿度(結露がないこと)

LINKDriveの使い方

STEP01

コネクタをセットする

スマホアプリをダウンロードした後、クルマに「車載コネクタ」をセットして、ご自身のスマホとペアリングします。

STEP02

ドライブする

いつもどおり運転します。走行中にスマホを操作する必要はありません。

STEP03

アプリでみる

ご自身のスマホでアプリを開いて、クルマのコンディション等をチェックします。

お知らせ

2017年12月6日
お知らせ
iPhoneXへの対応は、現在準備中です。対応OSは、こちらをご確認ください。
2017年11月9日
お知らせ
総務省後援「第11回 ASPIC IoT・クラウドアワード 2017」にてIoT・AI部門「ニュービジネスモデル賞」を受賞
2017年10月26日
メディア掲載
「CARトップ」に掲載されました
2017年9月29日
お知らせ
Amazonにて発売記念キャンペーンを実施中
2017年9月29日
お知らせ
LINKDriveの発売を開始致しました

過去のお知らせを見る

お問い合わせ

すべての人にインターネット
関連サービス